稀勢の里がまた休場で8場所連続休場になるらしい

子供の頃、夕方になるとじーちゃんといつもテレビで見ていた大相撲、好きだったのは大鵬と玉乃島。そんな時代から50年!たってもまだ国技として人気があるのだから、大相撲というのは本当に奥が闇?じゃなくて深い(笑)特に最近と言っても今ではかなり前になるけど、稀勢の里が横綱に昇進した時は、普段興味がない僕にとってもかなり盛り上がったわけです。しかも稀勢の里は茨城県出身!なので地元です。これで日本人横綱が誕生し、協会にとってもめでたいよねーと思っていたら、ズルズルと休場が続き、次回の名古屋場所も休場になり8場所連続休場という新記録を作ってしまいました。ちなみにこれまでの記録は7場所連続休場の貴乃花です。話は変わるけど、長く休んでいると、身体的にも精神的にも衰えが顕著になります。普通の状態に戻るのにちょっと時間がかかるわけです。普通の人間でもそーなわけです。それが、横綱稀勢の里は、身長188cm、体重177kgのアスリートです。答えは本人も含め誰もが思っているはずなのに、ずるずると今になっています。残念だけど、長引かないうちに引退が妥当だと思うわけです。いー夢は見せていただきました。