結局バヒドのはあの会見は何だったんだろうか

やや気がかりだったバヒド前代表監督の会見でしたが、何事もなく無事終了しなんとなく爽やかにフランスへと去っていったように思えたのは 、
やはり彼がいかに優秀な人格者だったのかということの表れのような気がします。
予想されていた会見の内容が銭闘モードとはあまりにもかけ離れていたので少々びっくりした向きも多かったのではないでしょうか。
クビを言い渡された時は頭にきたと思いますが、未払い給料もなくプロの監督としてはこれ以上は踏み込まない方が得策であろうといった
未来を見越した判断が働いたのだと思われますが、 やはり金の力は大きかったのではないでしょうか。
なぜか元東京ヴェルディで98年フランス大会の直前にメンバーから三浦カズとともに外された北沢豪氏が、
あんな監督では勝てないと騒いでたのが気になったのですが、彼はサッカー協会の援護射撃でもしているつもりだったのでしょうか?
そして最後に一般企業では数年の勤務経験しかないのに協会のトップにまで昇り詰めてしまった田島会長の行く末が気になりましたが、
果たして彼はいつまでこの地位にいられるでしょうか、興味は尽きません。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-tel/