銀行が紹介してくれた運営タイプですが今となっては手を出したことを後悔しています

とある銀行で以前から取引要請の商売をやる関係で、空間資金がでるとその銀行で投資対象と変わる財政アイテムを紹介して貰える。当然長々説明してくれた上で自分で投資をするかどうにか決断するので銀行側に義務が居残るわけではありません。ただ結果的に「紹介してくれないほうがよかった」と思うものもあります。昨今そんなふうに思って後悔しているアイテムが手元に残っています。それは3〜4年設定あと、円安になればなるほど益がでるという特質のもので、これを購入した3カテゴリーほど前の哲学では今季ぐらいに利益がでるはずの物質でした。ところが円安に陥るどころか、あれよあれよという間に円高がすすんです結果益がでないどころか、今撤回をすると凄まじく損害を出す状況になってしまいました。当初相当な手間賃を支払っているため当初元本におっきい利息がついてもその手間賃分の保障ができず、円安がすすまない限り撤回=損害という状態にあるのです。このままでは投資した元手はストップ状態ですし、何時になったら撤回ができるのかの確率も経ちません。「銀行が悪いのではない。自分が判断したのだから。」と思うようにしていますが日毎為替相場を見ては溜息をつきながら「紹介してくれないほうがよかったのに!」としみじみ思っていらっしゃる。オルニチンサプリ